Q.  「日次勤怠にて時間の初期表示する」とは?

A.
[システム管理>勤務区分]画面より、勤務区分を設定することができますが、
「勤務時間」や「休憩」の項目に「日次勤怠にて時間の初期表示するorしない」という項目があります。

この項目において、「日次勤怠にて時間の初期表示:する」と設定した場合、勤務時間や休憩時間が自動的に追加された状態で日次勤怠が生成されます。

出退勤打刻や休憩開始・終了の打刻をしなくとも、日次勤怠に時間を記録することができます(打刻をした際には上書きされます)。

なお、「日次勤怠にて時間の初期表示:する」と設定しているにもかかわらず、時間が初期表示されない場合は、
「「日次勤怠にて時間の初期表示:する」の設定が完了する前に、日次勤怠を初回閲覧(生成)してしまった」ことが原因です。

詳細は以下のFAQ・動画をご覧ください。
Q. 初期表示設定した勤務時間や休憩時間が日次勤怠に反映されない

【関連】
Q. 休憩を決まった時刻(12:00〜13:00等)で記録できますか?

Q. 未来の出勤退勤時間が既に入力されているのは何故ですか?

Q. 初期表示設定した勤務区分が日次勤怠に表示しません

クイックスタートマニュアル(勤務区分)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。