Q.  各種日数関連のカウント方法について

A.
日数関連のカウントについてご案内します。
※該当項目が見当たらない場合、システム管理>日次勤怠項目設定(IEYASUログイン後のブラウザでクリック) で表示設定してください

●日次勤怠下部>「出勤状況」

①「出勤日数」

勤務区分>「勤務/休日・休暇」が「勤務」の区分で登録の日でカウントします。時刻データの有無は関係ありません。

②「打刻日数」

勤務区分>「勤務/休日・休暇」が「勤務」の区分で登録の日のうち、「出勤・退勤のどちらか一方でも、打刻画面でボタン打刻」した日のカウントをします。時刻データ未登録 および 手動修正した時刻の入力だけ の日はカウントしません。

③「所定日数」

日次勤怠>勤務区分欄の「下段」で登録されている、勤務区分>「勤務/休日・休暇」が「勤務」の区分をカウントします。
所定日数=カレンダー登録した当初の予定となるので、変更するためにはシステム管理>カレンダーから所定日数としてカウントしたい日のみを「平日」と設定する必要があります。
詳しくは以下ご参照ください。
Q. 出勤日数、所定日数 の違いは?

 

●日次勤怠下部>「勤務区分」

該当区分設定で「出勤日数:1」「この項目の日数を集計する:集計する」と設定の場合
日次勤怠下部>「勤務区分」セクションに日次勤怠での利用日がカウントされます。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。