Q.  早朝残業の扱いについて、出勤時刻を30分以上切り上げることは可能?

A.
[システム管理>勤怠設定]からの端数処理では、30分単位よりも大きな単位での切り上げ・切り捨て設定はできません。
例えば、始業開始9:00、出勤時刻切り上げ30分単位で設定した場合は、8時に出社(業務開始)した社員は8:00~8:30は時間外勤務をしたとして集計されます。

30分単位以上の切り上げを行いたい(早朝勤務を残業として集計しない)場合は、勤務区分の設定を変更することで運用自体は可能です。

[システム管理>勤務区分]より、該当する勤務区分を選択し、「所定始業時刻前の勤務:含めない」で設定します。「所定始業時刻前の勤務:含めない」とすることで、始業開始9:00以前の打刻は集計されず9:00からの集計となります。

※上記の設定をすることで勤務時間を切り上げることはできますが、勤務時間を正しく把握するという観点から考えても推奨できませんので、業務の開始・終了とともに正しく打刻する、という運用を案内するのが望ましいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。