Q.  従業員がスマホを持っていなくても運用できる?

A.
従業員がスマートフォンを持っていない場合でもIEYASUはご利用いただけます。

打刻は「ICカード打刻」がオススメ

従業員がスマートフォンを持っていない場合は、「ICカード打刻」をご利用ください。
まず、ICカードリーダーを事業所の入り口などに1台用意していただきます。
各従業員は、各自が持っているSuicaなどの交通系ICカードなどをそのICカードリーダーにかざして打刻を行います。

Q. ICカード打刻の設定方法は?

申請作業も省略すればタイムカードのような運用が可能

また一般的な流れでは、従業員の皆様に日次勤怠申請ボタン、月締申請ボタンをクリックしていただく必要がありますが、その申請ボタンをクリックする工程を省略することもできます

「ICカード打刻」と「申請ボタンを押さない設定」で運用をしていただければ、タイムカードと同じように簡単に運用できるようになります。

Q. 申請ボタンを押さない運用は可能?

「打刻を忘れた」「出勤時間を修正したい」など、勤怠を修正しなければならない場合は、承認者へ報告し承認者がその勤怠を修正することもできますので、従業員はスマートフォンやパソコンを扱わずに済みます。

Q. 勤怠の修正は承認者でもできる?

【関連】
Q. スマホアプリから何ができる?

Q. どのような打刻方法がありますか?

「〜だから無理」を解消|I E Y A S U導入を阻む勘違い&懸念点&よくある質問に全てお答えします

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。