Q.  社員ごとに勤務時間(勤務パターン)を設定できる?

Q.
社員Aは9:00-18:00,社員Bは8:00-17:00のように、社員ごとに勤務時間を設定できますか?

A.
社員ごとに勤務時間を設定できます。
勤務時間(勤務パターン)ごとに「勤務区分」を作成し、社員と勤務区分を紐づけてください。

STEP1 勤務時間(勤務パターン)ごとに「勤務区分」を作成

まず、[システム管理>勤務区分]画面より、
・9:00-18:00用の勤務区分
・8:00-17:00用の勤務区分
など勤務時間(勤務パターン)ごとに勤務区分を作成します。

ご質問の9:00-18:00、8:00-17:00のような定められた勤務時間(時刻)があり、その時刻を超過した場合に残業と集計する場合は、初期値として登録されている「出勤:残業あり」の勤務区分を「コピー登録」することをおすすめします。

詳しい作成方法については、クイックスタートマニュアル(勤務区分)をご覧ください。

【関連】
クイックスタートマニュアル(勤務区分)

Q. 勤務区分はどう設定すれば良いですか?

STEP2 社員と勤務区分を紐づける

まず、[システム管理>社員]画面の、各社員の編集画面より、勤務区分を紐付けます。

「勤務区分」の項目で、STEP1で作成した勤務区分にチェックを入れ、
「出退勤 初期表示」の項目で、その勤務区分を選択します。

「勤務区分」の項目でチェックを入れると、「日次勤怠」画面のプルダウンにその勤務区分が表示されるようになります(=社員がその勤務区分を利用できるようになります)。

「出退勤 初期表示」の項目で、その勤務区分を選択すると、日次勤怠画面の初期表示される出勤日の勤務区分がセットされます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。