Q.  勤務区分はどう設定すれば良いですか?

A.

クイックスタートマニュアル(勤務区分)をご活用ください

クイックスタートマニュアルに、詳細をまとめておりますので、こちらをご確認ください。

【詳細】
クイックスタートマニュアル(勤務区分)

IEYASUヘルプページからも、クイックスタートマニュアルをダウンロードすることができます。

勤務区分の設定のコツ:コピー登録を活用

「出勤」「振替出勤」「法定休⽇出勤」「公休」「有給休暇」「⽋勤」などの、一般的によく使われる勤務区分は、あらかじめ登録されています。
また、「コピー登録」を活用すれば、コピー元の勤務区分の設定を引き継いだ新しい勤務区分を作成することができます。

勤務区分をスムーズに設定するためには、新しい勤務区分を1から作成するのではなく、あらかじめ登録されている勤務区分を「コピー登録」することをオススメします。

例①
9:00-18:00、10:00-16:00等の所定労働時刻をもとに残業や遅刻・早退を集計する場合

「ID1  出勤:残業あり」
の勤務区分をコピー登録し、勤務時間や所定時間などを編集

例②
フレックスタイム制の場合(9:00-18:00等の所定労働時刻ではなく、1日8時間等の所定時間をもとに残業を集計する場合)

「ID18  FLEX(コア有)」 or
「ID19  FLEX(コア無)」
の勤務区分をコピー登録し、所定時間などを編集

例③
変形労働時間制の場合

「ID20  変形労働制(7h)」 or
「ID21  変形労働制(8h)」 or
「ID22  変形労働制(9h)」
の勤務区分をコピー登録し、所定時間などを編集

各勤務区分の違いや、編集時の細かい設定などについては、クイックスタートマニュアル(勤務区分)をご覧ください。

出勤の勤務区分は重要

初期設定時に、必ず設定すべきものは、「出勤」に関する勤務区分です。
「出勤」に関する勤務区分は、「所定勤務時間」「何をもって残業とするのか」「みなし時間の有無」「早朝勤務をどう集計するか」等は会社によって必ず異なりますので、「出勤」に関する勤務区分は必ず会社に合ったものを作成して下さい。そのままでも利⽤できるよう設定されている「出勤」に関する勤務区分もございますので、それらを「コピー登録」していただきますと設定がスムーズに進むかと存じます。

通常勤務の「出勤︓残業あり」や「コアタイム有のフレックスタイム制の出勤」「裁量労働制の出勤」「シフト(10:00-16:00)社員の出勤」「時短勤務社員の出勤」など勤務パターンごとに「出勤」に関する勤務区分を作成します

[10:00-16:00] [13:00-19:00]等勤務パターンが複数ある場合は、それぞれ勤務区分の作成をお願いいたします。(実際に数十個の勤務区分を作成し利用されている企業様も多くいらっしゃいます))

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。