Q.  「休憩の自動追加」と「休憩の初期表示」を併用できる?

Q.
①6時間超は45分
②8時間超は60分
③12:00~13:00をまたいで勤務する方は15分
上記のような休憩付与設定は可能でしょうか?

A.

「休憩の自動追加」と「休憩の初期表示」を併用すれば可能です。

「6時間超は45分、8時間超は60分」は休憩の自動付与で実現可能

労働基準法に則って、休憩の自動付与ができるようになっています。
また、●時間超は■時間のように時間も自由に設定できます。詳細は関連FAQをご覧ください。

【関連】
Q. 休憩の自動追加を利用したい

ご質問の例で言えば、①②については以下の設定で運用が可能です。

例外的な休憩の自動付与は、休憩の初期表示と併用

「とある時刻をまたぐ場合は●時間休憩を与える」という機能はIEYASUにはありません。
上記のような法定では定められていない例外的な運用の場合は「休憩時間の初期表示」をご活用ください。

【関連】
Q. 休憩を決まった時刻(12:00〜13:00等)で記録できますか?

ご質問の例で言えば、①②に加えて③を付与したい場合は以下の設定すれば運用が可能です(①②は自動付与し、③は予め付与しておく、というイメージ)。

12:00~13:00をまたいで勤務する方には、「日次勤怠にて時間の初期表示:する」としている勤務区分をご利用いただけますと幸いです。

なお、上記のように「休憩の自動追加」と「休憩の初期表示」を併用する場合、初期表示される休憩時間を念頭に置いて、休憩の自動追加の時間数を設定してください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。