Q.  遅刻を申請させるためには、どのような運用方法がありますか?

A.
遅刻時間は一般的には以下2パターンの設定で勤務区分を分けて利用いただく場合が多いです。
A:[遅刻時間:含める(カウントする)]
B:[遅刻時間:含めない(カウントしない)]

妥当な事由があれば遅刻時間をカウントしたくない場合に、Bの区分を利用していただきます。
その際さらに以下2パターンで利用方法があります。

  1. 日次勤怠画面>鉛筆マークからBの区分を選択し、備考欄や添付ファイルで遅刻事由を記載し登録すると日次勤怠にB区分が反映。
    以降は必要に応じて、日次勤怠を申請者で申請→承認者で承認する。
  2. 届出申請画面>Bの区分を選択し申請。承認者で届出を承認すると、日次勤怠にB区分が反映。
    ここまでが届出機能のワークフローとなり、以降は必要に応じて1と同様、日次勤怠にて申請者で申請→承認者で承認する。

「遅刻時間をカウントしない」という区分を1のように通常の日次勤怠の鉛筆から利用者の一存で選択できるようにするよりは、2のように届出機能のワークフローを用いた申請をすることで運用される方が多いです。

【関連記事】
Q. 遅刻・早退を集計する方法は?
Q. 遅刻・早退を届出申請させるためにはどうすれば良いですか?
Q. 電車遅延等やむを得ない事情の場合は遅刻として扱わない運用は可能?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。