Q.  鉛筆マーク(日次勤怠編集画面)が表示されません

A.
以下2点をご確認ください。

①日次勤怠の申請がされていないか

日次勤怠画面の「申請承認」列が、「承認済み」や「申請取消」になっていないかをご確認してください。日次勤怠を申請している状態や申請が承認されている状態では、日次勤怠を修正することはできず、鉛筆マークが表示されません。

「申請取消」をクリックする、もしくは、申請が承認されている場合は上司に申請を差し戻してもらうことによって、鉛筆マークを表示させることができます。

②シフト登録がされているか
シフト登録がされていない日は、打刻や勤怠情報の編集ができない仕様になっています。
鉛筆マークが表示されないのは、シフト社員として登録されているが、その日のシフトが登録されていないことが考えられます。シフトがお休みの日は、シフト用の公休区分をシフト登録していただくことによって、鉛筆マークが表示されるようになります。

▼参考FAQ
Q. シフト社員が打刻できない日があるのは何故ですか(鉛筆マークもありません)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。