Q.  9:00-17:45(1日7:45)が所定労働時間ですが、18:00以降を残業時間としてカウントするように設定できますか?

A.
法定内時間外労働時間(上記の場合17:45-18:00)について、設定方法が3通りございます。ルールに適した運用方法をお選びください。
 
1.法定内時間外労働時間「集計あり」の場合
法定内時間外労働時間には17:45-18:00が集計されるため、【上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「日次勤怠 項目設定」】で、「法定内時間外労働時間」や「残業時間」を非表示にしてください。
※「法定時間外労働時間」「残業時間:36」の項目では8時間を超過する18:00以降が集計されます。残業時間を確認する際はこちらの項目をご確認ください。

[参考記事]
Q. 所定時間が法定時間(8:00)未満の場合の設定について

 
2.法定内時間外労働時間「集計なし」の場合
【上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「勤務区分」>該当勤務区分の編集画面】にて、「法定内時間外労働時間:含めない」に設定しますと「法定内時間外労働時間」の欄に計上されません。「法定時間外労働時間:8時間超」の場合、17:45-18:00は「残業時間」「残業時間:36」「法定時間外労働時間」の欄に計上されます。

 
3.法定内時間外労働時間「集計あり」の設定で18:00以降を残業とする場合
【上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「勤務区分」>該当勤務区分の編集画面】にて、休憩の欄に17:45-18:00を入力し、「日次勤怠にて時間の初期表示:する」と設定すると、「法定内時間外労働時間」や「残業時間」に17:45-18:00は計上されません。

  
[関連記事]
Q. 9:00-18:00が所定労働時間ですが、18:30以降から残業代が発生するように設定できますか?
Q. 届出画面から残業を申請する場合はどの選択肢を選べばいいですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。