Q.  有給休暇の自動付与は年間の勤務日数をもとに付与できますか?

A.
恐れ入りますが、「年間の勤務日数を集計し、その勤務日数(勤務実態)をもとに付与日数を決める」という自動付与ルールは、現状ございません。

IEYASUの有給休暇等の自動付与は、「一斉付与」もしくは「入社日毎」に付与するルールとなっております。まず、[システム管理>休暇設定>(自動付与)設定]画面より、「週所定労働日数(もしくは1年間の所定労働日数)」ごと、「勤続年数」ごとに、付与する日数を定め、自動付与ルールを作成しておきます。

そして、[システム管理>社員]画面より、「その社員がどの自動付与ルールで休暇を付与されるのか」「その社員の週所定労働日数は何日か」を選択することによって、休暇が自動付与されるようになります。

▼注意▼
「週所定労働日数(もしくは1年間の所定労働日数)」ごとに付与日数は異なりますが、実際に勤怠表から所定労働日数を集計している訳ではなく、[システム管理>社員]画面で選択・登録した所定労働日数のランクにそって、自動付与されます。

有給休暇の自動付与の設定方法や、自動付与ルールにつきましては、以下をご参照ください。

▼参考▼
マニュアル「有給休暇等の自動付与」
https://www.ieyasu.co/help/manual/salaried/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。