Q.  取引先担当者の月締承認のタイミングは?

このFAQは「IEYASU契約・請求」に関するFAQです。

A.

取引先(クライアント・派遣先)担当者が、エンジニア・派遣スタッフの勤怠を確認し、月末などに月締承認を行う機能があります。
Q.  クライアント(派遣先)の承認機能はありますか?

取引先(クライアント・派遣先)担当者が月締承認を行うタイミングは、[左上ロゴメニュー「契約請求」>システム管理>取引先]画面より選択できます

 

取引先担当者の月締承認:いつでも承認可能

「いつでも承認可能」を選択していた場合、取引先(クライアント・派遣先)担当者は自由なタイミングで月締承認を行うことができます。

案内されていたログインID、パスワードでIEYASUへログインし「作業状況」画面にある個人の出勤簿を確認し、ページ下部にある「承認」ボタンをクリックしてください。

【関連】
Q. クライアント(派遣先)の担当者の登録方法は?

取引先担当者の月締承認:月締申請後に承認可能

「月締申請後に承認可能」を選択していた場合、取引先(クライアント・派遣先)担当者は、エンジニア・派遣スタッフが月締申請を行ったあとに月締承認を行うことができます。

※エンジニア・派遣スタッフは、[左上ロゴメニュー「契約請求」>作業報告書]画面より月締申請を行います。

エンジニア・派遣スタッフが申請していない状態で承認しようとしても、「月締申請後に承認可能となります。」というメッセージが表示され、月締承認は出来ません

取引先担当者の月締承認:月締確定後に承認可能

「月締確定後に承認可能」を選択していた場合、取引先(クライアント・派遣先)担当者は、SES会社・派遣元会社が月締確定を行ったあとに月締承認を行うことができます。

まず、エンジニア・派遣スタッフが、[左上ロゴメニュー「契約請求」>作業報告書]画面より月締申請を行います。

その後、SES会社・派遣元会社が、[左上ロゴメニュー「契約請求」>作業状況]画面より個人の勤怠を確認し、月締確定します

 

月締確定が完了していない状態で承認しようとしても、「月締確定後に承認可能となります。」というメッセージが表示され、月締承認は出来ません。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。