Q.  クライアント(派遣先)の承認機能はありますか?

このFAQは「IEYASU契約・請求」に関するFAQです。

A.

SES会社(派遣元会社)が環境を整えた「IEYASU契約・請求」に、クライアント(派遣先)の担当者がログインし、作業報告書の承認を行ってもらう事が可能です。

SES会社(派遣元会社)による設定

まずは、SES会社(派遣元会社)が設定を行う必要があります。

設定1.契約・請求設定

[左上メニュー「契約・請求」>上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「契約・請求設定」]画面より、「取引先 承認担当者 承認:利用する」と設定します。

設定2.取引先設定

[左上メニュー「契約・請求」>上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「取引先」]画面の取引先編集画面にある「取引先担当者 承認頻度」「取引先担当者の月締承認」という2つの項目を設定します。

「取引先担当者 承認頻度」で「月単位」を選択した場合、クライアント(派遣先)の担当者には月に1度だけ月締承認を行っていただきます。
一方「日単位」を選択した場合、月締承認だけでなく、毎日の日次勤怠を確認していただき承認していただきます。

「取引先担当者の月締承認」の項目では、クライアント(派遣先)の担当者がどのタイミングで月締承認を行うかを選択します。

 

設定3.契約設定

[左上メニュー「契約・請求」>上部メニュー「契約」]画面の契約編集画面にある「作業報告」という項目で、「日々出勤・退勤時間を入力する」と設定します。

設定4.クライアント(派遣先)の担当者登録

クライアント(派遣先)の担当者を登録し、担当者へ通知します。
詳細は以下FAQをご覧ください。

Q. クライアント(派遣先)の担当者の登録方法は?

クライアント(派遣先)による承認作業

承認1.ログイン

クライアント(派遣先)の担当者が「IEYASU契約・請求」へログインします。

承認2.月次の勤怠データを確認、承認ボタンをクリック

[上部メニュー「作業状況」]画面より、契約をしているエンジニア(派遣スタッフ)の勤怠情報を確認し、承認を行います。

日次勤怠承認(取引先担当者 承認頻度:日単位と設定した場合)

[左上メニュー「契約・請求」>上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「取引先」]画面の取引先編集画面にある「取引先担当者 承認頻度」で「日単位」と設定していた場合、「申請承認」列が表示されます。

クライアント(派遣先)の担当者に、この画面を確認してもらい承認ボタンを押していただきます。

 

月締承認

出勤状況を確認し、ページ下部にある「承認ボタン」をクリックします。

承認後は作業報告書PDF下部に取引先担当者氏名の承認印が追加され、承認されたことが確認できます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。