Q.  勤務時間が24時間の打刻画面の設定方法は?

A.

以下のケースと仮定して打刻の設定・運用方法をご説明します。

・勤務区分 09:00~翌日09:00(24時間)
・深夜に休憩が何度も入る

有料プランをご利用の場合

  • 「夜勤打刻チェックボックス」をご利用ください。※有料プランの機能です

「勤怠設定」>「打刻・端数処理」>「出勤・退勤ボタン」にて

●「1日に何度も利用 (退勤と出勤の間の時間は休憩時間)」の設定
●「退勤日の調整」を「0:00」に設定

として「夜勤打刻チェックボックス」をご利用ください。

日付が変わった時刻以降の打刻に関しては、夜勤のチェックボックスを利用して打刻いただけたら、日付後の「出勤」「退勤」も前日勤務として記録されますので、問題なく「9時〜翌9時」の勤務区分の運用が可能です。

【関連】
Q. 夜勤打刻とは?

無料プランをご利用の場合

  • 1日に1回のみ利用」「日付切替9:00」で運用

    「休憩」ボタンを利用いただき、業務終了時刻の翌9:00に必ず「休憩終了」及び「退勤」を押下いただけるのであれば運用可能です。

  • 1日に何度も利用」設定では難しい

    「出勤・退勤ボタン」欄の設定に関わらず、日付が変わった「0:00」以降の「出勤」については日付変更後(翌日)の勤務として扱われるため、「1日に何度も利用」での深夜の休憩打刻は行えません(退勤に関しては「1日に1回のみ利用」の場合は「打刻日付 切替時刻」、「1日に何度も利用 (退勤と出勤の間の時間は休憩時間)」の場合は「退勤日の調整」の設定にて日付が変わった後の時刻でも前日勤務としての打刻が可能です)。

    日次勤怠画面より鉛筆マークにて「翌日チェックボックス」を利用し、打刻時間の記入もしくは修正をいただけるのであれば運用が可能ですが、日々の手動修正となるため手間がかかります。

    「1日に1回のみ利用」「日付切替9:00で運用」での運用が難しければ、有料プラン(夜勤打刻)へのお申込みをご検討ください。

【関連】
Q. 「打刻日付 切替時刻」とは?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。