Q.  「日次勤怠の生成に失敗しました。管理者へ連絡してください。 有給休暇の残数が足りなくなるため登録できません。」というエラーの解消方法

A.

一般利用者の日次勤怠画面や、承認者の勤怠承認画面に、
「日次勤怠の生成に失敗しました。管理者へ連絡してください。 有給休暇の残数が足りなくなるため登録できません。」というエラーが表示された場合の原因と解消方法をご案内します。

初期表示する勤務区分の設定が原因

まず、エラーが発生している社員の設定を確認します。
[システム管理>社員>社員編集画面]にある「出退勤 初期表示」「休日1-3」の項目で設定されている、日次勤怠画面に初期表示される「勤務区分」を確認します。このセットされている勤務区分の設定に誤りがあることが原因です。

[システム管理>勤務区分]画面より、その勤務区分の設定を確認します。
「有給休暇日数」の項目が「1」「0.5」になっている場合、その勤務区分を利用すると有給休暇を1日(or0.5日)消化するという設定になります。

例えば、出勤用の勤務区分に「有給休暇日数:1」の設定がされている場合、出勤するごとに有休も1日消化することになります。

この項目を「0」に設定し直してください

勤務区分の設定を変更していただくことで、正しく日次勤怠が生成されるようになります。

休暇管理画面の値を修正する方法

[システム管理>休暇管理]画面において、有給休暇等の休暇が毎日1日使用したことになっている場合の解消方法は以下のFAQをご覧ください。

Q. 休暇管理画面で有給休暇が毎日1日使用したことになっている?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。