Q.  勤務時間が46パターン、勤怠区分を46個作るべき?それともシフトを作成すべき?

A.

勤務区分を46個作ることをお勧めいたします。(勤務区分はcsv登録が可能です)。
シフトを作成する場合であっても勤務パターンごとに勤務区分を作成する必要がありますし、シフトの登録をする場合は、作成した勤務区分を1日ずつ紐付けてカレンダーを設定する必要があります。
46パターンで勤務時間が決まっているのであれば、シフトを作成するよりも勤怠区分を46個登録した方が作業工数は少なく抑えられます。

シフトの詳しい設定方法については以下をご確認ください。

▼参考▼
https://www.ieyasu.co/help/manual/shift/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。