Q.  固定IPアドレスによるアクセス制限とは?

A.

「固定IPアドレスによるアクセス制限機能」により、下記のようなニーズにもお応えできるようになりましたので、是非ご活用ください。

  • 会社以外のネットワークからでは打刻できないようにしたい
  • セキュリティの観点から会社のネットワーク下でしかシステム管理画面を編集させたくない

【機能紹介】固定IPアドレスによるアクセス制限機能

登録した固定IPアドレス下でしかIEYASUへアクセスできない

「固定IPアドレスによるアクセス制限機能」を活用すると、予め登録していた会社等のネットワークの固定IPアドレス下でしかIEYASUへアクセスできなくなります

登録した固定IPアドレス下ではない環境でログインできなくなることはもちろん、
登録した固定IPアドレス下で予めログインしておき、その後、それ以外の固定IPアドレス下に移動した場合であっても、操作をした時点でログアウトしアクセスができなくなります。

※固定IPアドレスによるアクセス制限は、有料プランに含まれる機能です。

アクセス制限対象を「全体」「システム管理画面のみ」から選択

固定IPアドレスによるアクセス制限の対象者を、「全体」「システム管理画面のみ」から選択することができます。

【全社】
全従業員に対して、IEYASUへのアクセス(ログイン)を制限する

【システム管理画面のみ】
システム管理者権限の従業員に対して、システム管理画面の閲覧・編集を制限する

【設定方法】固定IPアドレスによるアクセス制限機能

[システム管理>システム設定]画面より、以下2つの項目を設定します

アクセス許可アドレス:会社のネットワーク等の固定IPアドレスを入力 (※1)(※2)(※3)
アクセス制限対象「全体」「システム管理画面のみ」のいずれかを選択

(※1)固定IPアドレスはIPアドレスチェッカーを利用して調べることができます。
株式会社シーマン「CMAN IPアドレス確認
http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

(※2)複数のIPアドレスを登録することも可能です。複数登録する場合はカンマで区切ってIPアドレスを登録してください。

(※3)固定IPアドレスによるアクセス制限を解除する場合は、「アクセス許可アドレス」に登録していたIPアドレスを削除してください。

【設定事例】固定IPアドレスによるアクセス制限機能

設定事例①全体

「アクセス制限対象」項目で「全体」を選択した場合、一般利用者を含む全員が、IPアドレス制限の対象となります。


登録された固定IPアドレス以外のネットワークに接続した状態で、IEYASUへログインしようとすると「IPアドレスによるアクセス制限がかかっています」というエラーが表示されます。

なお、登録した固定IPアドレス下で予めログインしておき、その後、それ以外の固定IPアドレス下に移動した場合は、IEYASU上で操作をした時点でログアウトします。

(例)別の画面に遷移したり、操作した時点でログアウトしアクセスできなくなる

また、登録した固定IPアドレス下で予めログインしておき、その後、それ以外の固定IPアドレス下に移動した状態で打刻をしようとするとエラーになります

(例)打刻をするとエラーになる

設定事例②システム管理画面のみ

「アクセス制限対象」項目で「システム管理画面のみ」を選択した場合、「システム管理者権限」のアカウントによる「システム管理画面」の閲覧・編集を制限します。


登録された固定IPアドレス以外のネットワークに接続した状態で、システム管理画面へ遷移しようとするとログアウトし、「IPアドレスによるアクセス制限がかかっています」というエラーが表示されます。

なお、登録した固定IPアドレス下でシステム管理画面を表示させておき、その後、それ以外の固定IPアドレス下に移動した場合、システム管理画面で別の操作をした時点でログアウトします。

【関連】
Q. 誤った固定IPアドレスを登録してしまいログインできなくなりました

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。