Q.  社員自身に労働時間等を確認してもらう方法は?

A.

無料プランの場合

従業員自身のログインID,パスワードでログインしていただき、
上部メニュー「日次勤怠」の画面下部にある集計項目をご確認ください。
自身の1ヶ月の勤務状況を確認することができます。

※この画面に表示される項目は「日次勤怠 項目設定」画面より選択できます。
IEYASUヘルプページ>勤怠マニュアル>日次勤怠・項目設定

有料プランの場合

有料プランの場合、「日次勤怠」の画面下部にある集計項目以外にも、確認してもらう方法があります。

残業管理レポートの付随機能

有料プランの場合、「日次勤怠」画面下部の集計欄の中に「残業管理」という項目が追加されます(残業管理レポートの付随機能)。「年間の有給休暇取得日数」「月間の残業可能時間」「年間の36協定超過回数」などを従業員自身が確認できるようになります。

日次勤怠の項目については「システム管理>日次勤怠 項目設定」画面より、表示/非表示の設定を行ってください。

【関連】
IEYASUヘルプページ>勤怠マニュアル>日次勤怠・項目設定
Q. 日次勤怠の集計項目内に表示させたくない項目がある

社員自身に年間の有給休暇取得日数を自覚してもらうための活用方法を動画でご紹介しています。

【活用法】残業管理レポートで社員自身に「残業時間」や「年間の有給休暇取得数」を自覚させる方法

勤怠アラート機能

残業時間、連続勤務日数超過などの勤怠アラートを設定することで、従業員自身に労働状況を確認していただくことができます。

IEYASUヘルプページ>勤怠マニュアル>勤怠アラート

【機能デモ】IEYASUの『勤怠アラート』を実演

【関連】
Q. 【新労基法対応】有給休暇年5日取得義務に従った勤怠アラートの設定方法は?

Q. 【新労基法対応】時間外労働の上限規制に従った勤怠アラートの設定方法は?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。