Q.  人事労務freeeとIEYASUのデータ連携方法

A.

■システム連携方法について

1)IEYASUログイン後、システム管理>システム設定>サービス連携>freee
freee連携ボタンを選択してください。

2)freeeログイン画面へ遷移し、ログインすると連携画面へ

3)連携後、複数会社が登録されている場合、連携先を指定してください。(1社の場合、こちらの画面は表示されません)



以上で、「人事労務freee」と「IEYASU 勤怠管理」のAPI連携が完了しました。
次に、社員データの連携方法についてご説明いたします。


■社員データの取込みについて
1)「社員データ取込」を実施

2)IEYASUに登録がない社員データを取り込みます。

3)IEYASU上では以下の情報が登録されます。
ログインID: 「社員番号」「ID」の順に存在するものを使用します。
パスワード: 「生年月日」8桁がパスワードとして登録いたします。
      (例) 19900401 (1990/4/1の場合) 


以上で、社員情報の取り込みが完了しました。
次に、毎月の勤怠データの連携方法についてご説明いたします。


■月次レポートの取込みについて
1)連携完了後、「月次レポート送付」を実施

2)人事労務freee側にて認証後、「勤怠データ」を「月度」を指定しデータ連携します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。