Q.  LINE WORKS連携の「Server API Consumer Key」の「サーバーAPIの利用範囲」は?

Q.
LINE WORKS打刻機能を導入するために、LINE WORKS developer console の情報を入力していますが、「Server API Consumer Key」を発行する際に、「サーバーAPIの利用範囲」を設定する必要があります。どれにチェックを入れれば良いでしょうか?

参考:LINE WORKS Developers「サーバー API の利用範囲

A.

「Server API Consumer Key」の「サーバーAPIの利用範囲」は、「トークBot」の「追加」「照会」にチェックを入れてください。この2つにチェックされていれば、IEYASUのLINE WORKS打刻機能はご利用いただけます。

【補足】
LINE WORKSのアカウントの料金プラン(フリープランor有料プラン)によって、この画面で表示されるチェック項目の数は異なります(上記はフリープランの画像)。

有料プランのLINE WORKSのアカウントの場合、「トークBot」以外のチェックボックスも表示されますが、「トークBot」の「追加」「照会」にチェックさえされていれば、IEYASUのLINE WORKS打刻ができるようになります。

【関連】
Q. LINE WORKSから打刻できますか?

Q. LINE WORKSとの連携でエラーになる

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。