Q.  在宅勤務の日や食堂を利用した日・お弁当を発注した日を集計したい

A.
経費精算の機能をONにしていただき在宅勤務の日や食堂を利用した日・お弁当を発注した日に「1」を登録するという方法であれば集計が可能です。
逆に、在宅勤務ではなかった日(出社した日)や食堂を利用しなかった日、お弁当を発注しなかった日について集計したい場合も同じように、対象の日の経費欄に「1」を登録することで集計が可能です。

まず、[システム管理>勤怠設定>日次勤怠タブ]画面より、「経費:利用する」と設定します。

次に、[システム管理>日次勤怠 項目設定]画面より、経費にチェックを入れます。

上記の設定により、[日次勤怠]画面の、日次勤怠編集画面(鉛筆マーク)より、経費を記録できるようになりますので、経費の欄に「1」と入力していただければと存じます。

詳細は以下の記事をご覧ください。
【新機能】添付、経費精算機能がリリース!【無料のクラウド勤怠管理システムIEYASU】
勤怠管理IEYASUの使い方「添付・経費 機能の設定方法と使い方」

【関連】
Q. 日次勤怠項目設定の「オリジナル名称」とは?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。