Q.  役員の権限設定はどうすればいいのか?

A.

役員の場合以下のいずれかでご設定いただくことが一般的です。

①全社員の勤怠を閲覧したい場合 → 2. または 6. システム管理者 に設定

②自身の日次勤怠を保有したくない場合 → 4. 承認者 に設定

③自身の日次勤怠を保有しつつ特定の社員の勤怠を閲覧したい場合 → 3.利用者・承認者 に設定

 

①全社員の勤怠を閲覧したい場合

2. または 6. システム管理者 に設定します。

  • システム管理者は全社員の日次勤怠閲覧・編集権限があります。また自身の日次勤怠の管理も可能です。
  • ただし日次勤怠申請漏れなどの通知メール受信非対象としたい場合は役員の社員設定>メールアドレスを空欄にしてください
  • 全社員の閲覧・編集権限を持ちつつ自身の勤怠管理は不要である場合「未申請・未承認」としてそのまま残してください。
  • 6.システム管理者の場合給与明細機能の管理権限は持ちません。

 

②自身の日次勤怠を保有したくない場合

4. 承認者 に設定します。

  • 被承認者(社員設定>承認者設定されている社員)のみの日次勤怠閲覧・編集権限があります。
  • ただし被承認者分に関しても、すべてのシステム管理権限がありません。
  • 日次勤怠を保有しないので日次勤怠申請漏れなどの通知メール非対象となります。

 

③自身の日次勤怠を保有しつつ特定の社員の勤怠を閲覧したい場合

3. 利用者・承認者 に設定します。

  • 自身の日次勤怠の管理も可能です。ただし日次勤怠申請漏れなどの通知メール非対象としたい場合は役員の社員設定>メールアドレスを空欄にしてください。
  • 被承認者分に関しても、すべてのシステム管理権限はありません。

 

その他

▼もし他社員の閲覧権限は不要である場合 5.一般利用者 で設定しても問題ありません。

 

▼希望の要件をすべて満たす権限が無い場合、社員アカウントを2つ保持して運用してください。

例:以下の要件で利用したい場合

【要件】
①日次勤怠申請漏れ通知を受信したくない
②システム管理ができる
③承認作業ができる

【対応】
社員アカウントを以下2つ作成
・2または6のシステム管理者:メールアドレス空欄 → ①②に対応
・4.承認者権限:被承認者の承認者として設定 & メールアドレスを設定して承認者からあがってきた申請通知を受信→ ③に対応

 

参考:
Q. 【社員設定】権限ごとの操作範囲、影響範囲は?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。