Q.  残業時間が一定時間を超えそうな時のアラート設定は可能?

A.
可能です。
有料プランに含まれる「勤怠アラート」をご利用ください。

「あと●時間で上限時間を超過します」という事前アラートは出ませんが、「上限時間のアラート」と「上限時間●時間前のアラート」の2つをご利用いただければ運用可能となります。

【参考】
IEYASUヘルプページ(勤怠アラート)

【機能デモ】IEYASUの『勤怠アラート』を実演【無料の勤怠管理システム】

——————

[システム管理>勤怠アラート]画面より、勤怠アラートの設定を行います。
勤怠アラートは、「時間」と「日数」の2つから選ぶことができますが、今回は「残業時間」に関するアラートなので、上段の「勤怠アラート設定(時間)」を設定します。
「新規登録」ボタンをクリックすると、以下のようなアラート設定画面が表示されます。

「対象勤怠」の項目で、アラートを出したい残業の項目を選択します。

【項目の一部をご紹介】
■残業時間:36
36協定の対象となる残業時間です。
※「法定時間外労働時間」、「法定外休日労働時間」を加算した時間です。

■残業時間:36+法定休日労働時間
「残業時間:36」に、「法定休日労働時間」を加算した時間です。

■残業時間
「法定内時間外労働時間」、「法定時間外労働時間」、「法定外休日労働時間」、「法定休日労働時間」を加算した時間です。

※各項目の説明は、[システム管理>日時勤怠 項目設定]画面よりご確認いただけます

「36協定遵守のため」「労働基準法の上限の確認のため」など何のために残業アラートを出すのかによって、項目が異なりますので、目的に応じて「対象勤怠」を選んでください。

「期間」「アラート基準」「通知方法」「通知先」なども自由に設定できますので、貴社の運用に合わせてアラートの登録をよろしくお願いします。

——————

登録したアラートと、アラートを表示させたい社員を紐づけて、設定は完了となります。

【関連FAQ】
Q. 社員ごとにに異なる時間数で契約していますが、指定の時間を超えたらアラートを出すというような個別の設定はできますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。