Q.  勤怠の申請や承認は必須?

A.
必須ではありません。
打刻をした時点で、「日次勤怠」画面の出勤表に出勤・退勤時刻が記録され、
「レポート」画面の「月次集計データ出力」よりcsv出力していただければ、
そのまま給与計算に活用していただくことができます。

実施しなくてもシステム上運用に問題はありませんが
勤怠を申請→承認で確定することで、過去のデータをみだりに修正できなくなるので
正しい勤怠管理のためにも実施を推奨しております。

(例えば、勤務区分の設定を変更しなければならなくなった場合に、月締処理を行なわなかった場合、過去の勤怠にもその勤務区分の変更が反映されます。月締処理を行なっていればその時点で勤怠データが確定し、変更の影響を受けなくなります)

ーーー
▼確定の基本フロー▼
①申請者:すべての日を申請
②申請者:月締申請
③承認者:すべての日を承認(一日でも申請ステータスが存在する場合に、「一括承認」ボタンがアクティブになります)
④承認者:月締確定
→③をすべての日に実施済にて「月締確定」がアクティブになります
※勤怠設定>日次勤怠画面設定>一括申請・承認 をご活用ください。

※①は毎日実施頂いてもいいですし
月末に一括申請ボタンなどでまとめて申請いただいても問題ございません。

▼参考▼
Q. 「一括申請」と「月締め申請」の違い教えてください

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。