Q.  36協定上限に対して、あと何時間残業できるか一般社員でも確認できますか?

A.
はい、日時勤怠画面から確認することができます。 ※有料プランのみ

「日時勤怠」画面の下部集計欄に、「残業管理(年間)」「残業管理(月間) 残業時間:36+法定休日労働」という項目を表示させることができます。こちらの項目から、36協定の上限時間に対して、残りの残業可能時間を確認することができます。

こちらの項目は、有料プランに含まれる「残業管理レポート」に対応している項目です。
IEYASUヘルプページ「レポート」にて、各項目の詳細を掲載しておりますのでご覧ください。

【残業管理(年間)】 集計ロジック

■残業可能時間
[勤怠設定画面 36協定 特別条項 1年間] – [残業管理(年間) 残業時間:36]

【残業管理(月間) 残業時間:36+法定休日労働】 集計ロジック

■本日までの残業時間
月初から当日までの [残業時間:36] + [法定休日労働]

■残業可能時間
・[勤怠設定 36協定 特別条項 1ヶ月] – [残業管理(月間) 本日までの残業時間]

残りの残業可能時間を日時勤怠に表示させたい場合は、他の項目と同じように「日時勤怠 項目設定」画面にチェックを入れてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。