Q.  SAML認証は可能ですか?

A.
可能です。

SAML認証によるシングルサインオン(SSO)を実現

クラウド勤怠管理システムIEYASUと、ID管理を行うクラウドサービス(Identity as a Service/以下IDaaS)を連携させることで、SAML認証によるシングルサインオンが可能になります。

IDaaSに一度ログインすると、事前に連携していたIEYASUにも同時にログイン可能になり、サービス間を跨いでシームレスにご利用いただくことができます。

通常、IEYASU利用者がシステムへログインするためには、各利用者に割り当てられた「ログインID」と「パスワード」を入力する必要があります。しかし、SAML認証によるシングルサインオンが可能となったことで「ログインID」と「パスワード」の入力を省略できるようになりました。

「ログインID」と「パスワード」の入力を省略することによって、よりスピーディーにログインできることはもちろん、パスワード忘れや推測されることによるセキュリティリスクもなくすことができます。また、本人認証を強化し不正アクセスを防止できるため、より安全性の高いご利用を実現します。

 

Microsoft Azureとトラスト・ログイン等で検証済

Microsoft社が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」、Googleが提供するグループウェア「Google Workspace(旧 G Suite)」、GMOグローバルサイン株式会社が提供するIDaaS「トラスト・ログイン」、HENNGE株式会社が提供するIDaaS「HENNGE One」との連携は、既に検証が完了しており問題なくご利用いただけます。それぞれの連携方法は以下FAQをご覧ください。

Q. SAML認証のSSOの設定方法は?【(Microsoft)Azure Active Directory】

Q. SAML認証のSSOの設定方法は?【トラスト・ログイン】

Q. SAML認証のSSOの設定方法は?【HENNGE One】

SAML認証のSSOの設定方法【Google Workspace(旧 G Suite)】

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。