Q.  【時間有給】時間有給休暇の端数処理設定について

A.
時間有給の利用にて [所定時間未満の残時間] の年度繰り越し時に端数処理設定をすることができます。

▼IEYASUにログイン>システム管理>勤怠設定>休暇設定の時間単位付与
https://p.ieyasu.co/work_settings/work (URLはログイン後の画面でコピペして表示してください)

【1】「1日未満の残時間をそのまま繰越」の設定

[所定時間未満の残時間] を端数処理せずそのまま繰り越す設定です。
繰り越し後に時間給を利用すると次年度の年次有給休暇残数から消化されます。

【2】「1日未満の残時間を1日に切り上げて繰越」の設定

[所定時間未満の残時間] に応じて、残時間の切り上げ日数とともに残数を繰り越す設定です。
繰り越し後に時間給を利用すると、対応する繰り越し日数もあるので、次年度の年次有給休暇残数が目減りしません。

なお [所定時間未満の残時間] に応じて繰越付与日数が0.5または1.0日となります。
1)[所定時間未満の残時間] が所定時間の半分以上の場合→0.5日繰越
2)[所定時間未満の残時間] が所定時間の半分以下の場合→1.0日繰越

※ただし残数の自動付与機能を利用していない場合、当設定は機能しない(日数の切り上げ付与のみ行われない)のでご注意ください(残数の単純繰越のみとなります)。

●例:
-所定時間 8:00
-有給休暇の時間単位付与の上限 40 時間

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。