Q.  一定期間だけ短時間勤務になった場合、どう変更すればいいでしょうか

A.
「短時間勤務用の勤務区分」をご用意していただき、
その勤務区分を、短時間勤務期間中はご利用いただく運用をおすすめいたします。

①「短時間勤務用の勤務区分」の作成

「短時間勤務用の勤務区分」の設定方法につきましては、クイックスタートマニュアル(勤務区分)の48ページをご覧ください。

【詳細】
クイックスタートマニュアル(勤務区分)

②社員と紐付け
[システム管理>社員]画面より、その社員が利用できる勤務区分や初期表示する「勤務区分」を選択することができます。

③運用:鉛筆マークから勤務区分を変更する
日次勤怠を申請する際に、短時間勤務の社員の場合は、「日次勤怠」画面の編集画面(鉛筆マーク)から、短時間勤務用の勤務区分に変更してもらいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※短時間勤務の期間が1ヶ月を超過する場合、時短勤務の勤務区分を初期表示した状態で「日次勤怠の生成」を行なった方が、スムーズに運用できます。

【関連】
Q. 日次勤怠の生成とは?生成されるタイミングは?

Q. 初期表示設定した勤務区分が日次勤怠に表示しません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※勤怠CSV登録でも、勤務区分を一気に変更することができますので、合わせてご確認ください。
【関連】
Q. 【CSV登録】勤怠承認>”勤怠CSV登録”ファイルの登録方法は?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。