Q.  日次勤怠を利用しない(打刻をしない)が部下の勤怠を確認したい

A.
権限を下記いずれかにご設定ください。
①システム管理者 (2.システム管理者 / 6.システム管理者(給与明細除く))
②承認者(3.利用者・承認者 / 4.承認者)

①の場合
全社員の勤怠を「勤怠承認」画面からご確認いただけます。
しかし、日次勤怠を利用しなくても勤怠承認に自身も未承認としてあがってきます。未承認のまま残していただいたも問題ございませんが、勤務区分の「勤務/休日・休暇 」を「その他」または「休暇」で設定した区分を利用すれば、時刻がなくとも打刻漏れ通知を設定の場合に配信対象外となります。

②の場合
被承認者の勤怠のみ「勤怠承認」画面からご確認いただけます。
社員設定で、自身を承認者として設定している社員のみ一覧に表示します。
3.利用者・承認者 の場合、自身の日次勤怠も保有しますが、4.承認者 の場合、日次勤怠は保有しません。

[関連記事]
Q. 権限の違いは?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。