Q.  日次勤怠を申請してもクライアント(派遣先)の画面では「申請待ち」になっている

このFAQは「IEYASU契約・請求」に関するFAQです。

A.

エンジニアや派遣社員が日次勤怠を申請しても「申請待ち」になっている場合、申請する画面を誤っている可能性があります。

誤:左上ロゴメニュー「勤怠」>上部メニュー「日次勤怠」

正:左上ロゴメニュー「契約請求」>上部メニュー「作業報告書」

【関連】
Q.  クライアント(派遣先)への申請はどの画面から申請する?

現象の確認と原因:申請画面の誤り

[左上メニュー「契約・請求」>上部メニュー「システム管理」>サイドメニュー「取引先」]画面の取引先編集画面にある「取引先担当者 承認頻度」の項目で「日単位」と設定すると、クライアント(派遣先)担当者が、日次勤怠を確認し承認できるようになります。

 

この画面において、エンジニアや派遣社員が日次勤怠を申請しても「申請待ち」になっている場合、誤った画面から日次勤怠申請を行っている可能性があります。

解決方法:契約請求に切り替えて日次勤怠申請

エンジニアや派遣社員が日次勤怠を申請しても「申請待ち」になっている場合、[左上ロゴメニュー「勤怠」>上部メニュー「日次勤怠」]画面から日次勤怠申請を行っている可能性があります。

【誤】左上ロゴメニュー「勤怠」>上部メニュー「日次勤怠」

クライアント(派遣先)担当者へ承認してもらうための日次勤怠申請は、[左上ロゴメニュー「契約請求」>上部メニュー「作業報告書」]画面から申請をしてください。

【正】左上ロゴメニュー「契約請求」>上部メニュー「作業報告書」

[左上ロゴメニュー「契約請求」]画面から申請・承認した内容をもとに、クライアント(派遣先)への請求書を生成します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。