Q.  有給付与の「自動付与」と「手動付与」の違いは?Excelで管理していた有給を取り込めますか?

A.

【自動付与】
自動付与は、未来の日付に対して設定予約を行うためのものです。自動付与は過去に遡って付与させることはできません。

(例)付与区分:入社日毎/入社日:2011年4月1日入社/設定日2019年7月3日の場合、自動付与の反映がされるのは、2020年4月1日です。

自動付与を設定する際には、[システム管理>休暇設定]を開き、有給休暇欄の右端にある「自動付与 設定」のリンクをクリック、分かりやすい名前を付けた付与パターンを作成し、社員と紐付けてください。

▼参考▼
https://www.ieyasu.co/help/manual/salaried/

【手動付与】
手動付与は、過去にさかのぼって有休残数や使用履歴を記録したい場合に使用できます。

手動付与を設定する際には、[システム管理>休暇管理]を開き、残数を変更したい社員と休暇を選択します。休暇残数を変更する「月」をクリックすると左上に「休暇を修正する」ボタンが表示されるのでクリックします。休暇修正日、残数調整(日)、有効期限を記載して手動付与が完了します。

以降、有給を使った日については、「残数調整(日)」のところに、全休であれば「-1.0」、半休であれば「-0.5」というようにマイナスをつけて登録していただければ、最初に設定した有給残数から、マイナスされていきます。

▼参考▼
https://www.ieyasu.co/help/manual/paid_holiday_years/

▼参考記事▼
有給休暇の残数を調整するには?

今までExcelで管理されていた有給につきましては、[システム管理>休暇管理]より登録をしていただくことができます。人数が少ない場合は手動登録で、人数が多い場合はcsv取込で登録することができます。

[システム管理>休暇管理]の左上の「残数調整csv出力」をクリックし、取り込み用のcsvをダウンロードします。そのcsvに、Excelで管理していた有給日数を記載し、IEYASUへ取り込みます。

「残数調整csv登録」をクリックし、「ファイルを選択」より先程作成したcsvを取り込み「アップロードボタン」を押すと、有給残数を取り込むことができます。

残数調整CSV出力とCSV出力の違いは?
→こちらの「 【1】残数調整CSV出力 」をご参照ください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。