Q.  午前2時間(8:15-10:15)・午後2時間(14:00-16:00)で働く場合の勤怠管理はできますか?(残業時間が15分未満は切り捨て)

A.

[システム管理>勤務区分]より、新しい勤務区分を設定することで運用が可能です。
1日の労働時刻の入出を勤務時間とし、間の中抜けの休みを休憩1として登録することで対応可能です。
(勤務時間≫8:15~16:00、休憩1≫10:15~14:00、所定時間≫04:00)

時間の切り捨て(端数処理)については [システム管理>勤怠設定]にて設定できます。
勤怠設定の項目において『退勤時刻:切り捨て、15分単位』と設定してください。
※社員の労働時間は、原則1分単位で計算する必要があります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。