Q.  運用中に勤務区分を変更する際の注意点は?

A.
運用中に勤務区分を変更しなければならなくなった場合には、
既存の勤務区分を直接変更するのではなく、既存の勤務区分を「コピー登録」した上で変更することをおすすめします。

———-

日次勤怠集計データや月次集計データは、「セットされた勤務区分の設定」と「記録された出退勤時刻」をもとに集計されます。

つまり、運用中に勤務区分の設定を変更すると、それに伴い日次勤怠集計データや月次集計データも変化します。

よって、運用中に勤務区分を変更しなければならなくなった場合には、
既存の勤務区分を直接変更するのではなく、既存の勤務区分を「コピー登録」した上で、コピーした新しい勤務区分の設定を変更し、次月より新し勤務区分で集計することをおすすめします。

【関連】
クイックスタートマニュアル(勤務区分)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。