Q.  オリジナルの休暇の管理を行いたい

A.

「有給休暇」のように残数管理を行うかどうかで、設定方法が異なりますのでそれぞれご紹介します。

【残数管理を行う休暇】基本は有給休暇の初期設定と同じ

基本的には、クイックスタートマニュアル(有給休暇管理)に記載されている「有給休暇の初期設定」と同じ流れで、オリジナルの休暇の設定を行います。詳細はこのマニュアルをご確認ください。
クイックスタートマニュアル(有給休暇管理)

【残数管理を行う休暇の初期設定】
1-1. システム設定
1-2. 休暇設定
1-3. 勤務区分
1-4. 残数付与
1-5. 社員設定

5つの初期設定の手順のうち、「1-1. システム設定」「1-4. 残数付与」「1-5. 社員設定」は、有給休暇と同じなのでクイックスタートマニュアル(有給休暇管理)をご覧ください。

「1-2. 休暇設定」「1-3. 勤務区分」の手順のみこのFAQで解説します。

1-2. 休暇設定

[システム管理>休暇設定]画面の「新規登録」ボタンより、新しい休暇の名称と有効期限を登録します。

1-3. 勤務区分

[システム管理>勤務区分]画面より、新しい休暇のための「勤務区分」を作成します。
全く新しい勤務区分を作成する場合は「新規登録」ボタンから作成します。

有給休暇のように「働いたとみなす」休暇の勤務区分を作成する場合は、有給休暇の勤務区分を「コピー登録」した方がスムーズに登録できます。
一方「働いたとみなさない」休暇の場合は公休の勤務区分を「コピー登録」することをおすすめします。

勤務区分の詳しい設定方法につきましては、「クイックスタートマニュアル(勤務区分)」をご確認ください。

「1-2. 休暇設定」の手順で作成したオリジナルの「休暇日数」を「1」と登録します
このように設定することで、この勤務区分を利用した場合に、1日この休暇を取得したことになります。

【残数管理を行わない休暇】勤務区分の活用

残数管理を行わない休暇の場合は、
[システム管理>休暇設定]画面で休暇を登録必要もなく、
[システム管理>休暇管理]画面で休暇の残数登録や調整を行う必要もありません。

その休暇用の勤務区分を作成し、その勤務区分を社員と紐づけるだけで運用可能です。

【残数管理を行わない休暇の初期設定】
2-1. 勤務区分
2-1. 社員設定

勤務区分の作成方法も基本的には、上記と同じです。
有給休暇のように「働いたとみなす」休暇の勤務区分を作成する場合は、有給休暇の勤務区分を「コピー登録」した方がスムーズに登録できます。一方「働いたとみなさない」休暇の場合は公休の勤務区分を「コピー登録」することをおすすめします。

勤務区分の詳しい設定方法につきましては、「クイックスタートマニュアル(勤務区分)」をご確認ください。

上記とはことなり、「休暇日数」の項目はすべて「0」と登録します。
この項目で「1」や「0.5」と登録しないかぎり、勤務区分と休暇の残数管理は紐づきません。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。