Q.  半日の公休の設定可能?

A.
設定可能です。
[システム管理>勤務区分]画面より「半日公休の勤務区分」を作成してください。

残業や遅刻・早退を集計する場合/しない場合

(1)残業や遅刻・早退を集計する場合
午前・午後の所定の勤務時間帯を基準に、所定時間外労働時間や遅刻/早退時間を計上したい場合は、以下2つの勤務区分を作成してください。

・午前半日公休
・午後半日公休

(2)残業や遅刻・早退を集計しない場合
残業や遅刻/早退の集計が必要ない場合は、勤務時間欄は空欄にした、以下の勤務区分を作成してください。

・半日公休

設定例(午前半日公休、午前半日公休)

(1)のように残業や遅刻/早退を集計する場合は、[システム管理>勤務区分]画面より、以下のような設定をしてください。

■設定例
ポイント①勤務/休日・休暇:勤務
ポイント②勤務時間:入力してください ※(2)の場合は勤務時間は空欄で良い
ポイント③遅刻/早退時間:含める
ポイント④出勤日数:0.5
ポイント⑤公休日数:0.5

「公休日数:0.5」と設定することで、半日の公休として認識されるようになります。

【参考】
Q. [システム管理>勤務区分]の各勤務区分の項目にある「出勤日数」や「公休日数」の1・0・0.5はどういう意味ですか?

クイックスタートマニュアル(勤務区分)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。