Q.  シフト管理システムと連携可能?

A.
csvでの出力・入力による連携は可能です。

「シフト管理システムで作成したシフトを、IEYASUへ取り込み、IEYASUで勤怠管理を行う」という運用を想定して回答いたします。

まずは、IEYASUのシフト機能の概要を確認

IEYASUのシフト機能の概要動画と、クイックスタートマニュアル(シフト)をご用意しておりますので、まずはこちらをご覧ください。

クイックスタートマニュアル(シフト)では、シフトの初期設定やシフトの登録方法などをすべて1つにまとめていますので、ぜひご確認ください。

シフトをIEYASUへ取り込む前に勤務パターンごとの勤務区分を作成する

まず、シフトの勤務パターンごとに勤務区分を複数作成しておきます。
[システム管理>勤務区分]画面より勤務区分を作成します。

※勤務区分を作成する際には、クイックスタートマニュアル(勤務区分)をご覧ください。

シフト管理システムで作成したシフトを、IEYASUへシフトを取り込むためのcsvデータに整形します。

【IEYASUシフト取込形式】

下記の項目を4列にまとめたcsvを作成します。
●拠点ID
●従業員ID(社員ID)
●日付
●勤務区分ID

なお、各IDは以下画面から確認できます。
システム管理>拠点
システム管理>社員 (注:社員番号ではなく社員IDをご参照ください)
システム管理>勤務区分

作成したcsvデータを、[シフト>シフト登録]画面より、アップロードすることでシフトを取り込むことができます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。