Q.  【打刻方法】「1日に1回のみ利用」と「1日に何度も利用」との違いは?

A.
打刻方法は以下2つの方法で設定できます。

①「1日に1回のみ利用」

②「1日に何度も利用」

 

①「1日に1回のみ利用」

以下の場合などに当設定でご利用いただきます。

・1日に1回だけ出退勤打刻できればいい
・出退勤時間内で単純に休憩時間を記録したい

 

  • 休憩ボタン:表示する で設定すると打刻画面に『休憩開始・終了ボタン』が表示します。 (くわしくはこちら)

  • 休憩打刻は回数の制限なく実施できます。

 

②「1日に何度も利用」

以下の場合などに当設定でご利用いただきます。

・一度退社したが、再度出勤 というケースが多い

 

  • ①「1日1回のみ」の設定の場合、当日に出退勤を押下してしまうと同日内で2回目の打刻はできませんが、②「1日に何度も利用」の場合、一度退勤した後でも再度出退勤打刻ができます。
  • また「出勤日の調整」にて、カレンダーの実際の日の出勤ではなく、その翌日の出勤として記録することも可能です。 (くわしくはこちら)

——————————————————————————————————————————-

出勤日の調整…翌日の勤務としたい、最も遅い出勤時間
例:19:00で設定すると、19:00~23:59の出勤打刻は翌日の勤務として記録されます。 ※0:00以降の出勤はカレンダーの日づけ通りに記録されます
退勤日の調整…前日の勤務としたい、最も遅い退勤時間 ※1日1回のみ>打刻日付切替時刻と同義です
例:05:00で設定すると、0:00~翌05:00までの退勤打刻は前日の勤務として記録されます

——————————————————————————————————————————-

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。