Q.  テレワーク勤務に便利な機能はありますか?

A.

①自宅からでも打刻することができる機能

スマートフォン/デスクトップ アプリによって自宅からでも打刻可能です。また、位置情報も取得できるため、不正打刻を防ぎ客観性も担保することができます。

参考:
Q. どのような打刻方法がありますか?
Q. 位置情報は取得できる?

②適切な仕事内容の共有ができる「日報機能」と「業務割合機能」

在宅勤務では部下の仕事内容の把握が困難になったり、日報の記入や上司のチェック等の負担が増えるが考えられますが、勤怠管理システムに日報機能が備わっているため、勤怠と業務内容を一元管理でき上司、部下双方の対応工数を最小化することができます。また、詳しい仕事内容の共有には日報機能、簡略化した仕事内容の報告には業務割合機能をご活用いただけます。

参考:
【機能デモ】IEYASUの『日報』を実演(動画)
【IEYASU新機能】業務時間のプロジェクト管理機能、設定の方法

③リアルタイムな管理・対応が可能な「勤怠アラート機能」「届出申請ワークフロー機能」※有料プラン

顔を合わせない分、リアルタイムの労務管理が重要になるかと思います。
上長はクラウド上で日々の勤務状況をリアルタイムで確認することが可能ですし、勤怠アラート機能で36協定の上限を超えそうな社員には勤怠アラートを表示させることも可能です。
また、届出申請ワークフロー機能により、リアルタイムに部下が時間外労働や有給休暇の申請をし上長が承認や差し戻しを行うこともできます。

参考:
【機能デモ】IEYASUの『勤怠アラート』を実演(動画)
Q. 【届出】届出の申請方法等を詳しく知りたい

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。