Q.  出勤の勤務区分を2種類以上デフォルト表示できる?

A.

初期表示できる勤務区分は1種類のみ

平日に初期表示できる勤務区分は「1種類のみ」となっております。
初期表示する勤務区分は、[システム管理>社員]画面の「出退勤初期表示」の項目で設定することができます。
※この「出退勤初期表示」の項目で設定した勤務区分が、日次勤怠画面の平日に初期表示されます。

日次勤怠編集画面から勤務区分を変更する方法

2種類の勤務区分を使い分けたい場合、一旦すべての平日に1種類の勤務区分をセットし、ある曜日だけ手動で変更いただくことは可能です。
該当日の日次勤怠編集画面(鉛筆マーク)より、勤務区分を変更することができます。

勤怠CSV登録で一括変更する方法

勤怠CSVファイルを使えば一括で勤務区分を変更することができ、工数を抑えることができます。
Q. レポート>月締状況レポート>”勤怠CSV登録”ファイルの登録方法は?

(例)月曜日~木曜日は早番、金曜日のみ遅番 の場合

①社員設定>出退勤初期表示:早番 で設定

 

 

 

 

②レポート>月締状況レポート画面で勤怠CSVファイルを出力 ※1か月単位で操作していただきます。なお出力ファイルに期間外のデータも登録できます。

③出力ファイルのうち、金曜日の勤務区分のみ 遅番 に変更

 

④レポート>月締状況レポート画面で編集したファイルを登録

 

⑤日次勤怠に反映

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考:
カレンダー設定通りに日次勤怠を表示するために必要なポイント

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。