Q.  曜日別のカレンダー・勤務区分を設定できる?

A.

曜日別のカレンダー・勤務区分を設定することも可能です。

曜日別のカレンダー・勤務区分を設定

[システム管理>勤怠設定>日次勤怠タブ]画面にある「カレンダー」の項目で「オリジナル設定」と設定すると、[システム管理>カレンダー]画面において、曜日ごとに「色」と「勤務日 or 休日」を設定できるようになりす。

また、今まで日次勤怠(=出勤簿)にセットできる勤務区分は「平日」「休日1」「休日2」「休日3」の4種類のみでしたが、今回の機能改善により、曜日ごと勤務区分をセットすることも可能になります。

この機能により、以下のようなカレンダーにも対応できるようになります。

【運用例】

  • 曜日によって1日の勤務時刻が異なるカレンダー
  • 隔週土曜日は勤務日となるカレンダー
  • 年次有給休暇の計画的付与制度を反映させたカレンダー

【設定方法】曜日別の勤務区分設定

【設定1】勤怠設定画面の「カレンダー」を「オリジナル設定」に変更

[システム管理>勤怠設定>日次勤怠タブ]画面にある「カレンダー」の項目で「オリジナル設定」と設定をします。この設定により、曜日別に勤務区分を設定できるようになります。

 

【設定2】カレンダー画面で曜日別カレンダーの設定

カレンダーパターンの新規登録

[システム管理>カレンダー]画面にある「新規登録」ボタンから、カレンダーパターンを作成します。

任意の「カレンダーパターン(名称)」「カレンダー開始日」を登録し、曜日ごとに「色」と「勤務日 or 休日」を設定します。

「隔週土曜日の勤務日」や「計画的付与制度の有給休暇」など、セットする勤務区分が異なる日がある場合は「+」マークのクリックし、カレンダー区分を追加することも可能です。

 

「設定する(カレンダー表示)」から登録

[システム管理>カレンダー]画面にある「設定する(カレンダー表示)」ボタンから、「隔週土曜日の勤務日」や「計画的付与制度の有給休暇」などの曜日パターンに当てはまらない特殊な日付を設定できます。

カレンダー区分を変更したい日付をクリックし、編集します。

こちらの画面から選択した日のカレンダー区分を変更できます。

 

また、カレンダー区分はcsvアップロードで一括登録することも可能です。

 

 

【設定3】社員画面で曜日ごとの勤務区分を設定

[システム管理>社員>社員編集]画面で、社員とカレンダーと勤務区分を紐づけます。

「カレンダーパターン」の項目で、設定2で登録したカレンダーを選択し、カレンダー区分(曜日)ごとに勤務区分を登録してください。
なお、カレンダー区分ごとの勤務区分のプルダウンには「勤務区分」の項目でチェックを入れた勤務区分が表示されます。

 

【注意】
[システム管理>勤怠設定>日次勤怠タブ]画面にある「カレンダー」の項目で「平日・土日・祝日設定」から「オリジナル設定」へ設定を変更した場合、既存社員のカレンダー区分ごとの勤務区分の項目は空欄になりますので、必ずカレンダー区分ごとの勤務区分の設定をお願いします。(日次勤怠生成済の月には影響はありませんが、日次勤怠未生成の月の打刻画面・日次勤怠画面を表示するとエラーが表示されます)

以上で設定は完了です。

 

【関連】
Q. 勤怠設定画面の「平日・土日・祝日設定」「オリジナル設定」とは?
Q. 社員編集画面の「カレンダー区分(●曜日)」とは?
Q. 「カレンダー区分を設定してください」というエラーが表示される

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。